生理中に脱毛しても問題ないの?

問題はありませんが、施術自体はサロンから断られる場合があります。
妊娠中と同じく生理中もホルモンバランスが乱れてしまうので、例え施術部位に光やレーザーを照射しても効果が見られない可能性がある為です。生理期間はその前後も含めて肌に何らかの変化やトラブルが発生する方が多いと思います。

 

肌自体も敏感になっている時期ですので、施術の際の痛みを強く感じてしまったり肌荒れを引き起こしてしまったりとトラブルに見舞われるリスクもあります。出来る限り利用者の肌にトラブルを発生させないよう、サロンは生理中の脱毛を推奨してはいません。他の理由として、施術台が血液で汚れてしまうことを避ける為というのもあります。血液による感染症の媒介などの可能性もゼロではありません。

 

シェービングによる僅かな傷から感染症になってしまうことも無いとは言い切れない以上、安全性や衛生面を考えても血液汚れは極力避けたいところです。ですので、生理中のVOIラインの施術はどのサロンでも確実に施術不可となっています。生理の前後3日は施術をお断りしているサロンや、生理期間は部位に関わらず施術自体が出来ませんというサロンもあります。ですが、VOIライン以外の部位であれば施術をしてくれるサロンもあります。

 

生理中の脱毛が出来ないサロンに通っている場合、施術予約を入れた日が生理に重なりそうな時は事前に予約をキャンセルして新たに予約を取り直す必要があります。万が一、施術当日にサロンへ行って生理になってしまった場合で回数制の契約をしている方は、施術を断られた上に一回分消化した扱いになったり、キャンセル料金を取られてしまうこともあります。
施術回数無期限、無制限のコースを選択していない限りは、損をしない為にも生理の際についてのサロンの対応を確認しておくことをオススメします。急いで脱毛をしたい方にとっては生理期間は煩わしく終わるのが待ち遠しいかもしれませんが、施術が行えない期間は肌の調子を出来るだけ保つ、または整える期間と捉えて保湿などを心がけ、次回の施術までに肌のコンディションを最高の状態にしてあげると脱毛の効果もグッと高まると思いますよ!