ワキ脱毛すると汗が増えるって言うけど本当?

女性なら誰でも気になるのがワキ毛ですよね。そもそもワキ毛の役割とは何でしょうか?それはまず汗を発散する働きがあること。もうひとつは皮膚を摩擦から保護することです。でも女性にとってワキ毛を生やしたままの状態で生活する事は抵抗がありますので、何らかの形で脱毛をされている方がほとんどだと思います。ですがなかなか自己処理がうまくいかず化膿してしまったり、毛が埋まってしまったりしてしまう事もあります。

 

そのために昨今では、脱毛サロンやエステやクリニックを利用してお手入れする方が増えています。ただ「ワキ毛を無くす事でワキの汗が増えた」と聞いた事はないでしょうか。医学的な回答では脱毛したからといって、ワキ汗の量は減ったり増えたりしないそうです。ではなぜワキ汗が増えたように感じるかと言うと、毛は体内で汗を吸うスポンジのような役割を果たし、それが体外に排出される際毛に沿って流れ、毛についている状態の時に蒸発します。

 

そのためワキ毛がなくなる汗を吸ってくれるスポンジがなく、蒸発しにくくなるので汗の量が増えたように感じるのだそうです。また、脱毛することで毛が無くなり汗が流れやすくなるのも理由の一つです。汗というのは気になり出すと余計に意識してしまい気持ち悪いと感じてしまうものですが、医学的にはワキ汗の量は変わらないとされています。ただ、臭いの元となる細菌の量は大きく変わってきます。

 

ワキ毛がある状態だと細菌が増えやすくなりますが、ワキ毛が無い状態だと細菌は増えにくいのです。そのため臭いを気にされている方はワキ脱毛した方が臭いは改善される可能性があります。ワキ汗が洋服に染みているとそれを見られるのは恥ずかしいですし、臭いがあると人に気づかれないかすごく不安になります。
どうしても気になるようなら、制汗グッズを利用してみると良いでしょう。肌に直接かける制汗スプレーや洋服に吹きかけるスプレー、汗取りパッドなどがあります。