ワキ脱毛でワキガが治るって本当?!

ワキ脱毛でワキガが治るというのは本当なのでしょうか?そもそもワキガとはどのような病気なのかを説明します。

 

ワキの下には、アポクリン腺とエクリン腺という二つの皮脂腺があります。この腺がすごく発達している人もいれば、あまり発達していない人もいます。エクリン腺は、主に汗を分泌します。この汗の99%は水分です。逆にアポクリン腺の汗は水分だけでなくタンパク質、脂質、鉄分、色素など微生物が好む成分を放出しますが、無菌状態ではアポクリン腺からの汗も無臭なのです。しかし時間の経過とともに、微生物が繁殖しニオイの原因となります。

 

アポクリン腺は性ホルモンの影響を受けているので、思春期になると分泌が活発になります。このにおいが強い場合をワキガ(腋臭症・えきしゅうしょう)といいます。この体質は遺伝するといわれています。ワキガの治療のひとつに、手術でワキの下のアポクリン腺を取り除く方法があります。またワキ毛の処理や脱毛をすることで、ワキに汗などの皮膚分泌物が多量に保持されるのを防いで臭いも軽減することができます。
ただ、臭いの原因であるアポクリン腺に対し直接作用する訳ではないそうです。これにより「ワキ脱毛でワキガが治ることはない」といえます。ひとつ注意しなくてはならないのは、レーザーなどで脱毛処理をするときにアポクリン腺を刺激してしまい、活動が活発になり臭いが強くなる例があることです。

 

元々ワキガの人でなければ脱毛でワキガになる事はないので心配はいりません。ワキというと自己処理で毛抜きを使い抜いている方もいらっしゃるかもしれませんが、この方法だとアポクリン腺を強く刺激してしまうので避けるようにしましょう。たとえカミソリを使う方法でも肌トラブルを起しやすいといえます。

 

カミソリは肌の表面を傷つけやすく、荒れたり色素沈着を引き起こしたりしてしまいます。どのような方法でも必ず肌を冷やしてあげましょう。キレイな肌を保つためには、きちんとしたアフターケアをすることがとても大切です。