ハイジニーナ脱毛の痛みが知りたい!

「脱毛」イコール「痛い」というイメージを持っている方、けっこう多いのではないでしょうか。実際、脱毛する時には痛みを伴います。特に、皮膚のやわらかい部位などは、感覚も敏感になっているので、他の部位と比べて痛みを強く感じてしまうようです。

 

特に「ハイジニーナ」と呼ばれる部位は、痛みを強く感じると言われています。「ハイジニーナ」というのは、足の付け根のVライン・女性器周辺のIライン・おしり周辺のOライン、よく「VIO」と呼ばれるアンダーヘアの部分を指します。多くの脱毛サロンで行われている「レーザー脱毛」「光脱毛」という脱毛方法は、毛の黒い色のもととなっているメラニン色素に反応する光を当て、毛根にある「毛母細胞」という毛を造っている細胞に熱ダメージを与える、というものです。

 

ですから、毛が細く色が薄い部位よりも、毛が太くて黒色が濃い部位は、光の影響を強く受ける事になります。「ハイジニーナ」部分の毛は、まさに太くて色がはっきりしていますから、他の部位よりも光の影響が強く、その分痛みも強くなるのです。また、「ハイジニーナ」部分の皮膚は、色素沈着を起こしていることが多いのです。皮膚の色素沈着もメラニン色素の仕業なので、他の部位よりも痛みを強く感じてしまうという訳なのです。よく、「レーザー脱毛」の痛みは「輪ゴムでパチッと当てたような」と表現されますが、「ハイジニーナ」は他の部位よりもさらに痛みを強く感じる訳ですから、かなり痛いようです。痛くて断念する方もいらっしゃるようです。

 

「光脱毛」はレーザーよりも痛みは弱いと言われますが、経験した多くの方が「けっこう痛かった」という感想をお持ちのようです。こう聞くと、「脱毛したい」という気持ちがめげてしまいそうになりますね。ただ、最近では「レーザー脱毛」「光脱毛」とは異なるしくみで脱毛できる方法を採用しているサロンも出てきています。その方法の一例として「S.S.C.脱毛」があります。「S.S.C.」は、「Smooth Skin Control」の略で、「制毛」、つまり、毛の働きを抑える事で毛を徐々に減らしていくという脱毛方法なのです。この方法の良いところは「他の脱毛方法よりも痛みが少ない」という事です。

 

毛の成長を抑える成分が配合されたジェルを塗った上から特殊な光を当てて、その成分を肌に浸透させる方法なので、毛そのものにダメージを与えることがありませんから、他の方法と比べて痛みがかなり少なくて済むという訳なのです。「ハイジニーナ脱毛」をお考えの方は、「S.S.C.脱毛」をしてくれるサロンを探すとよいかもしれませんね。