VIOゾーンを見られるのが恥ずかしいんですが

VIOゾーン(足の付け根・女性器やおしりの周辺)の脱毛を考えているけれど、デリケートなところだけに、他人に見せるのは恥ずかしい…と、なかなか脱毛することに踏み切れない女性は、意外と多いのではないでしょうか。脱毛したいと思う部位は、だいたい普段は服で隠れて見えないところが多いですよね。

 

脇や足などでも、すでにスタッフの方に見られるのが恥ずかしいと思っているのに、VIOゾーンなんて…と抵抗感を持ってしまう気持ち、もっともだと思います。でも、脱毛サロンのスタッフの方は、脱毛のプロです。一日に何人もの方と接していて慣れていますし、お仕事として責任感を持って脱毛している方ですから、VIOゾーンであっても他の部位と同じように淡々と施術をしてくれます。

 

お客様が想像しているよりも、サロンのスタッフは気にしていないと思いますよ。サロンのほうでも、お客様の「恥ずかしい」という気持ちに対して、様々な配慮をしています。施術ぎりぎりまでガウンを着用していられるようにして施術の時だけ脱ぐ、といったような流れで進んでいきますから、サロンスタッフの前で肌を出さなくてはならない時間は、意外と長くないものです。ほんの少しの間、恥ずかしい気持ちを我慢できれば、すぐに終わってしまいます。

 

そう思うと、頑張れそうな気がしてきませんか。それに、サロンによっては、VIOゾーンの施術を受ける方のために、施術用の着替えとして紙パンツを用意してあるところもあります。紙パンツを履く場合であっても、紙パンツを履いた上からガウンなどを羽織って待機、そして施術のタイミングでガウンを脱ぐ…というように、肌を出す時間ができるだけ短くなるような配慮をしてくれます。

 

施術中も、脱毛する箇所の紙パンツをずらしながら進めていきますから、恥ずかしさも和らぐのではないかと思います。「最初は恥ずかしかったけれど、回数を重ねるごとに慣れた」という方も多いようですから、勇気を持ってサロンに相談に行ってみてはいかがでしょうか。