脱毛前の剃り残し確認って必要なの?

多くの脱毛サロンでは、脱毛の施術日の前日や当日までに、カミソリや電気シェーバーで脱毛部位の毛を剃っておくように指示があります。

 

そして、施術当日は、サロンのスタッフによる「剃り残し確認」があり、剃り残しがある場合には、スタッフが剃ってから、施術に入ります。これから脱毛するのに、なぜ事前に剃っておかなければならないのか、二度手間なのではないか、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これは肌トラブルを避けるために必要な確認なのです。一本一本しっかり脱毛する際に行われる「ニードル脱毛」では、毛に特殊な電流を流してダメージを与える、というしくみの脱毛方法のため、毛を伸ばしておかなければ脱毛する事ができません。

 

しかし、多くの脱毛サロンで行われている「レーザー脱毛」「光脱毛」などの、毛の黒色のもとであるメラニン色素に反応して、毛根の毛母細胞に熱を与えて組織を壊す、というしくみで脱毛をする方法の場合、毛が伸びていると、伸びている毛のメラニン色素にもレーザーや光が反応してしまいます。そして、毛も熱を帯びてかなりの熱さになってしまうのです。毛母細胞が破壊される程の熱量ですから、かなりの高温です。その熱くなった毛が肌に触れると、火傷をしたり、腫れてしまったり、といった肌トラブルの原因となり、とても危険な状態となってしまうのです。

 

このような理由から、「レーザー脱毛」「光脱毛」を受ける場合は、脱毛する前に剃り残しを確認して、もし剃り残しているところがあればきちんと剃っておく必要があるのです。脱毛プランの中に「シェービングサービス」が含まれている脱毛サロンでは、当日の施術前にスタッフが剃ってくれます。しかし多くの脱毛サロンでは、「剃り残し確認」の際に剃り残しがあった場合、トラブル防止のため処理はしてくれるのですが、背中やうなじ・Oラインといった自分では処理が難しそうな部位以外は、有料になってしまいますから注意が必要です。