VIOゾーンってどれくらいの毛量をみんなは残しているの?

最近、一般の女性にも広く浸透してきている「VIO脱毛」。ワキや足といった部位と違って、人によって残す毛の量や形などを選べるので、脱毛する方それぞれの個性が出る部位と言えます。デリケートな部分だけに、なかなか人に聞きづらいけれど、「他の人はどんな風にしているのか」、初めての方は特に気になりますよね。海外では、VIOすべて無毛にする傾向があるようですが、日本では「温泉などで人に見られる時、ツルツルだとなんだか恥ずかしい」と、すべてツルツルにする事に抵抗感のある方も多いようです。

 

しかし、女性器周りのIライン、おしり周辺のOラインは、脱毛しておいたほうが、生理の時などに経血が付くことがないので衛生面なのではないか、という意見もあり、ツルツルにしたいと考える方も増えているようです。
こういった事から、I・Oラインはツルツルにして、Vラインは下着や水着からはみ出す部分は無毛にして、三角形の部分の毛量を、扱いやすい程度多少しておく、という場合が多いようですよ。ただ、毛を残す部分の毛量が多いと、そのボリュームで下着が膨れてしまうこと、ありますよね。

 

それはちょっと…という方は、三角形の部分の毛量を調整するケースもあります。「レーザー脱毛」「光脱毛」など、毛周期に合わせて成長期の毛を脱毛していく方法であれば、三角形の部分にも何度かレーザーや光を当てて、残った毛が好みの量になったところで脱毛を止めれば、ちょうど毛を間引いたようなかんじで量を減らす事ができるのです。この方法で気をつけないといけないのは、施術を止めるタイミングを逃すと「やりすぎたかも…」という場合でも、もう元に戻す事ができないという事。もし、やってみようと考える方は、ご注意くださいね。

 

脱毛直後はまばらなかんじに見えていても、毛が伸びてくればちょうどいい具合になるようです。デリケートな部分だからこそ、自分好みに、気持ちよくいられるようにしておきたいですよね。