足脱毛すると黒いポツポツは解消されるの?

ムダ毛の自己処理を続けていると出てきてしまう、足の黒いポツポツ。ストッキングを穿いてもうっすら見えてきてしまったり、肌を出したい季節にはきになってしまうものです。できればきれいに消したいですよね。

 

この黒いポツポツが出来てしまうのは、ダ毛の自己処理による肌ダメージやトラブルが原因だと考えられています。「毛穴の開き」は、毛をカミソリで剃り続ける事で起こる肌トラブルです。カミソリを使うと、どうしてもムダ毛だけでなく肌の表面も削れてしまうものです。これは、肌にとってはかなりのダメージなのです。にもかかわらず、カミソリでの自己処理を繰り返すと、毛穴も広がってきてしまいます。

 

そこから剃った毛の表面が見えているのが「黒いポツポツ」の正体なのです。また、「埋没毛」は、うまく表皮に生えてこられなかったムダ毛が、皮膚下でくるくると縮まった状態で成長しているものです。毛抜きでムダ毛を抜いたり、カミソリで深く剃っていると、毛穴が炎症を起こして塞がってしまう場合があります。また、抜いたり剃ったりした後に新しく生えてきた毛は、成長する方向がまっすぐ上向きではなく、横や斜めなど変なの方に向いてしまう事があります。このような原因から、表皮にうまく出てこられなくなってしまったムダ毛が表皮の下でくるくると巻いてしまって見えている状態、それが「埋没毛」なのです。

 

このような「黒いポツポツ」を解消するには、プロによる脱毛が有効です。医療機関や脱毛サロンでは、毛の生えるしくみや性質をふまえた方法で、肌にダメージを与えないよう配慮しながら脱毛してもらえます。「何度も通わなければならないのが面倒」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、脱毛をしっかり完了した後にはもうムダ毛が生えてこないので、黒いポツポツと、きっぱりさよならできるのです。

 

また、脱毛サロンで施術をすると、脱毛と同時に肌もきれいになるようなケアもしてもらえるのです。今まで自己処理で痛んでしまっていた肌もいたわることができるので、ぜひ脱毛サロンでの脱毛をご検討いただけたらと思います。